なぜ飲食店で働きたいのか考えよう!自分の理想の仕事に就くことの重要性

このお店で働きたい!飲食の求人アラカルト

飲食店のお仕事、徹底比較!あなたはどのタイプ?

ピックアップ

  • 居酒屋の調理スタッフ
  • 居酒屋の調理スタッフ

    飲食店で仕事をするならまずは定番の居酒屋キッチンスタッフ!仕事内容をチェック!!

より自分の求める職業に就くために

自分が本当にやりたいと思える仕事をしている人は、そう多くありません。「本当は違う仕事をしたいけど、生活のために今の仕事をしている」という人もいれば、「そもそも本当にやりたい仕事が何かわからない」という人も多数いるでしょう。仕事なんてそんなものだと思って割り切っている人も少なくはないはずです。だからこそ、「自分がやりたいと思える仕事につける人」は、幸せなのだと思います。

より自分の求める職業に就くために

理想の仕事について考える

小さな子に「将来の夢は何?」と聞くと、「お医者さん!」、「ケーキ屋さん!」、「お花屋さん!」など、元気な答えが返ってきますよね。それは、しごく純粋で素直な夢です。それから成長し、世の中の色々なこと、自分自身の能力、環境などを加味して考えるようになります。それもごく自然のことですが、気がつけば「自分がやりたい仕事」が何なのかわからなくなってしまいます。そして、給料や福利厚生などの条件、ステータスなどを判断基準にしながら仕事を選ぶようになります。しかし、大人は大人の目線で、「やりたい仕事」「理想の職業」についてよく考えることも大切です。
どんなにお給料が高くても、誰もが知っている大企業に入社できたとしても、人気のある職業につけたとしても、その仕事が自分自身にとって苦痛な職業であれば、幸福感は得られないかもしれません。自分自身が誇りを持てる仕事、自分の能力を発揮できる仕事であれば、お給料が高くなくとも生き生きと働くことができます。

楽しく働けることの大切さ

学生時代を終えて社会人になれば、1日の大半を「仕事」に費やす日々が始まります。1日8時間労働だとすれば、1日の1/3は働いているということです。その貴重な時間をひたすら我慢しながら過ごすのか、楽しんで過ごせるか。どちらが幸福な人生かは、言わずもがなですよね。
どんな職場に居心地の良さを感じるか、どんな仕事内容に興味を持てるかは、人それぞれ千差万別です。ある人にとっては苦痛でしかないことも、他のある人にとっては強いやりがいを感じる仕事であったりします。そこに優劣はありません。理想の仕事を考える上で、他者の目を気にしたり、他の人と自分を比較することは無意味です。

飲食店の仕事とは

「食」を通じて、お客様に幸福感や満足感を提供する飲食店の仕事に魅力を感じる人も多いと思います。その飲食店にも様々なお店があり、仕事内容も豊富です。接客やサービスがメインとなるホールの仕事と、料理をつくるキッチンの仕事では同じ飲食店でもまったく異なりますよね。さらに、お店全体を統括する店長もホールやキッチンとは異なる役割と責任を担っています。お店の種類もそれぞれで、チェーン展開をするような大型店舗で働く楽しさと、お客様と密なつながりを持つ小さな店舗で働く楽しさは、種類が違います。どちらに魅力を感じるかは人それぞれなのです。
どんなお店で、どんな仕事をしたいのか?を考えながら働くことが、自分自身の人生を豊かにします。

PICK UP飲食店の人気のお仕事特集