定番の飲食店求人!居酒屋調理スタッフの仕事内容とは

このお店で働きたい!飲食の求人アラカルト

飲食店のお仕事、徹底比較!あなたはどのタイプ?

ピックアップ

  • 居酒屋の調理スタッフ
  • 居酒屋の調理スタッフ

    飲食店で仕事をするならまずは定番の居酒屋キッチンスタッフ!仕事内容をチェック!!

居酒屋の調理スタッフ

飲食店でのアルバイトを探す中で、居酒屋でのアルバイトはその時給の高さから選択肢にあがりやすいアルバイトだと言えるのではないでしょうか。居酒屋でアルバイトが行う仕事は、基本的にはファミレスのような他の飲食店と変わりません。しかし、アルコールを提供するといったことから、やはり他の飲食店とは異なる仕事も増えてくるようです。

居酒屋の調理スタッフ

居酒屋のアルバイトは2種類?

居酒屋のアルバイトスタッフは、多くのお店でホール(接客)係とキッチン(調理補助)係に分かれています。
ホールは簡単に言えば、店内のお客さんの接客係。入店したお客さんを案内し、注文を取り、できた料理や飲み物を運んでテーブルを片付け、会計をします。
調理スタッフは料理や飲み物を作るというお仕事です。ただしお店によっては、ビールや日本酒、カクテルなどお酒やソフトドリンクすべての飲み物の作成は、専門のホールスタッフが行う場合もあるため、ドリンク類には手を出す必要がないということもあります。それでは調理スタッフのお仕事は、ただ料理を作るだけなのでしょうか。

調理スタッフの仕事とは

調理スタッフの仕事は、簡単な調理補助や料理の仕込み、皿洗いなど、洗い場・調理場での作業全般です。ただし手の込んだ料理や調理が難しいものがアルバイトに任されることはほとんどありません。居酒屋アルバイトの初心者であれば、まずは洗い場での皿洗いから始まり、前菜場・焼き場・揚場・刺場と順番に調理を覚えていくことになります。大手居酒屋チェーンなどでは、料理自体はレトルトや冷凍食品がメインとなるため、調理の腕というよりは、手際の良さが必要となってくるようです。

調理スタッフとして働くメリット

居酒屋で調理スタッフとして働くことのメリットとは、まず状況判断力がつくということです。次々と届く注文や汚れた皿などの処理を行うため、今何をすることが一番適切なのかをすばやく判断できるようになります。

引用:バイトーク

居酒屋でのアルバイトのメリットとして、お酒に詳しくなったりお酒によく合う料理を多く知ることが出来ます。また、居酒屋ではキッチンとホールのスタッフのチームワークが重要なので、コミュニケーション能力の向上に大きく影響してきます。

バイトークで居酒屋のアルバイト求人を探す場合は【こちら】から

応募するときの注意点

前述の通り、居酒屋のアルバイトには、ホールとキッチンという2種類の仕事があります。ところが個人経営の小さなお店の場合、厳密にその区別をつけておらず、両方の仕事を行わなければならなくなる場合があります。アルバイトの求人にも、どういった仕事を任されるのかについては記載されていますし、それがないようならばお店側にきちんと確認するなどして、就業してからこんなはずではなかったと嘆くようなことがないようにしておきましょう。

PICK UP飲食店の人気のお仕事特集