飲食店の中でも人気が高いレストランのキッチンスタッフの仕事内容

このお店で働きたい!飲食の求人アラカルト

飲食店のお仕事、徹底比較!あなたはどのタイプ?

ピックアップ

  • 居酒屋の調理スタッフ
  • 居酒屋の調理スタッフ

    飲食店で仕事をするならまずは定番の居酒屋キッチンスタッフ!仕事内容をチェック!!

レストランのキッチンスタッフ

飲食店でのアルバイトと言われてまず思いつくのが、ファミリーレストランのスタッフではないでしょうか。チェーン展開している店舗も多く、近くの店で働くことができるという点でも人気のファミリーレストラン。仕事の内容としては、他の飲食店と同じように、調理とホールとに分かれているようです。ホールのお仕事は、私たちがお客さんとしてファミレスを訪問したときにも見えますよね。料理の注文を受けたり、配膳をしたり、テーブルの上を片付けたり、会計をしたりと忙しそうです。それではお客さんからは見えないキッチンのスタッフはどういった仕事をしているのでしょうか。

レストランのキッチンスタッフ

キッチンの仕事内容

ファミレスの場合、キッチンスタッフの仕事とされているのは、洗い物と料理の下ごしらえ・調理、食材等の納品手続きです。初心者の場合、まずは皿洗いを担当しながら、メニューを覚えていくことになります。1日の流れとしては、オープン前に納品される食材を確認し、それを使って料理の下ごしらえをし、オープン後にそれらを次々と調理していくという手順です。納品される食材は、キッチン内での定位置が決まっていることが多いため、それをしっかりと覚えておくことが大切です。
料理の下ごしらえは、ほとんどの場合お店にマニュアルが存在し、野菜を切る大きさなどもそれに従って準備する形です。揚げ物を揚げるだけの状態にしたり、ピザを焼くだけの状態にまで仕上げるといった、開店後の調理を簡単にするための作業を行うため、非常に重要な仕事です。調理は同じくマニュアルに沿った形で行うため、料理の経験が少ない人でもできるように工夫されています。料理の盛りつけについても、決まった形があるため、それらを覚えることもキッチンの仕事だと言えるでしょう。
洗い物に関しては、チェーン店の場合、専用の機械が導入されている場合が多く、人の手で行うのは汚れた皿をお湯につけておき、軽くスポンジで拭っておく程度のようです。

キッチンスタッフとして働くメリット

厨房では複数のスタッフが働いているため、分担して作業を行います。チームワークが必要となるため、コミュニケーション力を磨けるということが最大のメリットだと言えるでしょう。また、調理自体は簡単なものが多いとはいえ、様々な料理の作り方を覚えることができるということも、嬉しいメリットではないでしょうか。

応募するときの注意点

ホールとキッチンに共通することではありますが、基本的に立ち仕事となるため、ある程度の体力が必要です。お昼時などのピーク時は特に、常に動き続けることになります。スピーディーに注文を処理していく能力が求められるため、テキパキと動くことのできる人の方が向いているアルバイトだと言えるでしょう。

PICK UP飲食店の人気のお仕事特集