飲食店求人の中でも人気が高い、カフェのフードスタッフ!

このお店で働きたい!飲食の求人アラカルト

飲食店のお仕事、徹底比較!あなたはどのタイプ?

ピックアップ

  • 居酒屋の調理スタッフ
  • 居酒屋の調理スタッフ

    飲食店で仕事をするならまずは定番の居酒屋キッチンスタッフ!仕事内容をチェック!!

カフェのフードスタッフ

飲食店の中でも特におしゃれなイメージでとらえられているカフェ。イメージの良さから働いてみたいという人も多く、店舗数も右肩上がりに増えています。どんな店をカフェというのか、はっきりとした定義はありませんが一般的にはコーヒーやお茶などの飲み物中心の店で軽い食事もできるお店がカフェと呼ばれています。

カフェのフードスタッフ

カフェのフードスタッフの仕事内容

カフェで働く場合、仕事は主に二種類に分かれます。一つは接客やレジ打ちなどを担当するホールスタッフ、もう一つは厨房で調理を担当するフードスタッフです。
フードスタッフはカフェで提供される料理や飲み物を担当します。どのような料理を作るのかは店によって全く異なり、レストラン顔負けの本格的な料理を出す店もあれば軽食やスイーツを出す程度の店もあります。もしカフェのフードスタッフとして働こうと考えるなら、その店がどのくらい食事に力を入れているのかをチェックしてから店を選びましょう。その店の経営方針によってフードスタッフに求められるレベルは全く異なります。

フードスタッフの仕事は仕込から始まる

フードスタッフの一日は、メニューの仕込から始まります。注文に応じて速やかに料理を提供できるように早くから準備をしておくのですが、仕込み作業は提供するメニューによって内容が全く異なります。
手作りパンを提供するカフェなら仕込み作業でパン作りを行わなければいけませんし、手作りケーキを出す店ならケーキを作っておかなくてはいけません。パンやケーキは外部に委託している店であれば仕込み作業では品質チェックのみになりますから、仕込み作業の手間は大きく軽減されます。
パンやケーキ以外のメニューでも同様です。一からすべて店で手作りする方針のカフェなら仕込みに長い時間をかけることになりますが、業務用のレトルト製品や出来合いの総菜などを使用している店であればフードスタッフといってもそれほど調理の仕事はしなくてもよいことになります。

大切な衛生管理

店の方針によって仕事内容が大きく変わるカフェのフードスタッフですが、どんな店でも欠かせない仕事が衛生管理です。食品を扱う職業の最大の責務といってもよい衛生管理は、お客様に安全なメニューを提供するための重要な仕事です。万一衛生管理をおろそかにして食中毒を発生させてしまうようなことがあれば、店の信用は大きく傷つき経営が傾きかねません。毎日の掃除は当然として食品の品質チェックやゴミの管理、手洗いによる消毒の徹底などもフードスタッフの大切な仕事の一つです。

フードスタッフの待遇

フードスタッフの給料は東京のカフェでアルバイトとして働く場合で時給900円くらい~1200円前後、能力によってかなりばらつきがあります。正社員として働く場合でも給料は18~25万円前後とあまり高くはありませんが、ある程度ノウハウを身に就けたら独立開業したいと考えている人も多く、修業期間としてフードスタッフを務めている人も少なくありません。
カフェのフードスタッフはオシャレなイメージとは異なり、実際は地味で目立たない業務が大半です。自分の提供したメニューをお客様が美味しく食べてくれることを喜びに感じられる人でなければ勤まらない仕事です。

PICK UP飲食店の人気のお仕事特集