飲食店は気配りが大切。レストランのホールスタッフの仕事内容を紹介

このお店で働きたい!飲食の求人アラカルト

飲食店のお仕事、徹底比較!あなたはどのタイプ?

ピックアップ

  • 居酒屋の調理スタッフ
  • 居酒屋の調理スタッフ

    飲食店で仕事をするならまずは定番の居酒屋キッチンスタッフ!仕事内容をチェック!!

レストランのホールスタッフ

求人票などを見てみると、レストランなどの飲食店がスタッフ募集の広告を出しているのを目にする機会は多くあると思います。レストランではキッチンスタッフだけでなくホールスタッフの求人数も多く、他の業種に比べてその仕事に就けるチャンスが多い仕事であると言えるでしょう。ここでは、レストランのホールスタッフの主な仕事内容を紹介します。

レストランのホールスタッフ

接客のポイント

来店されたお客様を席に案内したり、注文を聞いたり、何かトラブルがあった場合に対応したり、お客様と接する仕事がホールスタッフの基本的な役割です。料理の質だけでなくホールスタッフの印象でもその店全体の印象の良し悪しが決まりますので、老若男女、様々なお客様が来店されるお店では、すべてのお客様に対して失礼のないような態度と言葉遣いと笑顔が求められます。
お客様を席へ案内する際は、人数を確認し、禁煙席か喫煙席かなどの希望を確認の上、席へ通します。希望の席に空きがない場合はお客様にその旨を伝えて納得いただく必要が出てきます。こうしたクレームにつながる可能性の高い場面では、誠実な態度で説明することが大事です。
料理の注文が決まったら、その注文を伺って、キッチンスタッフに伝えます。注文を間違えないように注意することはもちろん、お客様からのイレギュラーな要望があった場合にはそのことも漏らさずキッチンへ伝えなくてはなりません。注文を伺うときはメモを取り、復唱するのが基本です。ホールスタッフはお客様と接するだけではなく、お客様とキッチンとの連絡係の役割も求められます。

愛想も重要な配膳

キッチンスタッフが作った料理をお客様の元へ運ぶ仕事も、ホールスタッフが担当します。伝票などに運ぶ先のテーブルの番号などが書いておく場合が多く、それをもとに指定されたテーブルへ運びます。店内のテーブルに割り振られている番号はなるべく早い段階で覚えておきましょう。番号表を確認することなく指定のテーブルへ運ぶことができれば、必要以上にお客様を待たせることが少なくなり、効率よく業務を進められるようになります。また、料理をテーブルに置く際の立ち振る舞いも大切です。皿を乱暴に置いたり、忙しいからといって不愛想な接客にならないよう意識しなければなりません。器が熱くなっていて注意が必要な場合はその旨を伝えることを忘れないよう注意しましょう。

最後が肝心のお会計

お客様が食事を終えたら、会計をします。お金の受け渡しを間違えないよう細心の注意を払って会計しましょう。また、会計がお客様と接する最後の機会となるので、気持ちよくお客様を送り出せるよう、ここでも笑顔と正しい言葉遣いを心掛けましょう。お客様をお待たせしないように迅速に会計することも大事ですが、会計額を間違えない慎重さと、お客様を不快にさせない丁寧さも同時に求められるシーンです。

PICK UP飲食店の人気のお仕事特集