憧れのカフェ求人でキャッシャー業務に挑戦

このお店で働きたい!飲食の求人アラカルト

飲食店のお仕事、徹底比較!あなたはどのタイプ?

ピックアップ

  • 居酒屋の調理スタッフ
  • 居酒屋の調理スタッフ

    飲食店で仕事をするならまずは定番の居酒屋キッチンスタッフ!仕事内容をチェック!!

カフェのキャッシャー

飲食店のアルバイトの中でも、カフェのアルバイトは人気が高いですよね。オシャレな制服やお店の雰囲気に憧れ、お気に入りのカフェで働いてみたいという人も多いのではないでしょうか。一口にカフェといっても、その仕事内容は、規模やお店のコンセプトによって様々。ドトールやスターバックスといったセルフサービス式の大規模チェーン店と個人経営のフルサービスのお店とでは、アルバイトの仕事の内容もまったく異なります。ここでは大規模チェーン店に置かれることが多い、カフェスタッフのキャッシャーとしてのお仕事について説明します。

カフェのキャッシャー

意外と気配りが必要なキャッシャー

カフェのキャッシャーが担当するのは、カウンターでお客さんから注文を聞き、それをバリスタや調理担当のスタッフに伝え、できあがった商品をお客さんに受け渡すという仕事です。さらに、注文と同時に会計も行う必要があります。キャッシャーは特にアルバイトを初めたばかりの新人が担当することが多く、他の部門で働くことを希望している場合にも、キャッシャーとしてお客さんの注文を聞きながら、メニュー等お店の基本的な物事を学んでいくようです。
お店によっては、コーヒーや紅茶に特別なトッピングを用意していたり、アレンジが可能な場合もあるため、単純にメニューを覚えるだけではなく、それらの種類や対応の仕方等についても確認しておく必要があります。また、カウンターの前に並ぶお客さんが困っていないか、スタッフを呼んでいないかということに心を配るのも、キャッシャーに要求される仕事だと言えるでしょう。

キャッシャーの注意点

お客さんと直接会話をすることになるキャッシャーは、接客マナーを順守しなければなりません。「いらっしゃいませ」「ありがとうございます」「かしこまりました」「少々お待ちください」と言った接客用語は特に重要です。スムーズに口に出せるように訓練しておく必要があります。それ以外の言葉遣いや話し方も、社会人としてふさわしいものになるよう注意しましょう。また身だしなみを整えることも重要です。お客さんが不快に思わないような清潔感のある服装を心がけなければなりません。

どんな人が向いている?

カフェのキャッシャーは基本的に接客のお仕事がメインです。人とのコミュニケーションを楽しめる人が向いていると言えるでしょう。またドリンクや食べ物も、様々なものが用意されていることも多いため、そういったものに興味がある人の方が楽しく働くことができるのではないでしょうか。
カフェスタッフとして働きたいと希望する人の中には、コーヒーが好きでバリスタをやりたいという場合の方が多いかもしれません。しかしその場合でも、一度キャッシャーを体験してみることで、お店全体の流れや、メニューについて知ることは非常に重要なことです。

PICK UP飲食店の人気のお仕事特集