宅配ピザ店デリバリースタッフ求人の仕事とは

このお店で働きたい!飲食の求人アラカルト

飲食店のお仕事、徹底比較!あなたはどのタイプ?

ピックアップ

  • 居酒屋の調理スタッフ
  • 居酒屋の調理スタッフ

    飲食店で仕事をするならまずは定番の居酒屋キッチンスタッフ!仕事内容をチェック!!

ピザ屋の配達スタッフ

街中で配達のバイクをよく見かけるピザ屋さん。アルバイトとしてピザ屋さんで働く場合は、調理かデリバリー、どちらかを専門として働くことになります。調理を担当する場合は、注文を受けたピザを作りますが、デリバリー担当の場合は、注文の電話の対応から配達までを担うことになります。今回はピザ屋のデリバリーのお仕事のメリットとデメリットについてまとめてみました。

ピザ屋の配達スタッフ

メリット多数

まず第一に挙げられるのは、時給の高さです。同じお店の調理スタッフに比べても数十円高く設定されていることが多いようです。限られた時間でできるだけたくさんお金を稼ぎたいと思うのなら、これは嬉しいですよね。
次にお客さんと楽しくコミュニケーションを取れるという点も、この仕事のおもしろい面だと言えそうです。様々なお客さんと出会うことになるため、話のネタができたり、常連さんと仲良くなることもあるようです。コミュニケーション能力も鍛えられそうですね。
さらに扱っている商品がピザという食べ物であるため、それに関連したメリットもあるようです。例えば、お店の商品が割引された値段で買えたり、注文を間違えたピザは食べられたりすることもあります。ピザが好きな人にとってはラッキーですね。
デリバリーという特性から発生するメリットとしては、やはり配達エリア内の地名や道について詳しくなるということが一番のようです。お客さんの指定する配達先を探すために、色々な道を通ることになるため、抜け道や交通情報にも自然と詳しくなることができます。

デメリットは孤独?

ピザ屋のデリバリーのデメリットとしては、やはりひとりでひたすらハンドルを握るという孤独さがまず挙げられるようです。例え猛暑であっても、一旦注文が入れば我慢して運転をしなければなりません。忙しいとバイト仲間と話をする余裕もなく、孤独を感じてしまうようです。
そして記憶や計算が苦手な人の場合にはさらなるデメリットがあります。デリバリーの場合、会計はお客さんの家の玄関で行うことになります。そのため、お釣りの計算を間違えてしまえば、それがそのまま自分の損害になってしまうようです。さらに土地勘のない地域への配達の場合、基本的には地図を覚えて行くようですが、そう簡単に覚えられるものでもありません。道を間違え、迷子になってしまった結果、配達が遅れてお客さんのクレームになるということもあるようですね。
また、デリバリー担当とはいえ、配達や注文の電話がないときには、洗い物といった雑務を手伝わないといけない場合もあり、やはり配達にいかないからといってゆっくり休むということはできないようです。

PICK UP飲食店の人気のお仕事特集